妊婦のためのブライダルエステ

最近は、「授かり婚」と呼ばれる、妊娠中に結婚式を迎えるカップルも多くなってきました。
ブライダルエステもそのような人たちに対応できるエステサロンが増え、マタニティプランも充実してきています。妊婦だから色々我慢しなきゃいけないのではなく、妊婦らしく結婚式準備を楽しめるようになったのはとても良い事ではないかと思います。

妊婦さんがブライダルエステに行く場合ですが、様々な注意が必要です。
まず、行く時期です。妊娠初期と言われる期間は、つわりもあり体調が安定していない時期になります。無理に動いたりするとお腹の赤ちゃんにも影響するので、できるだけ控えた方が良いのではないかと思います。もし行く場合は、エステサロン側に初期である事を伝え、施術内容を考慮してもらう必要があります。一番オススメな時期は、妊娠中期に入ってからです。ほとんどの場合、つわりも落ち着きますし、体調も良くなる時期です。この時期であれば、様々なマタニティエステを楽しめるのではないかと思います。妊娠後期では結婚式を挙げる人も少ないと思いますが、もし行く場合は、出産が近いのでそれも考慮して過ごさなければなりません。浮腫解消のマッサージなど、施術は限られてきますがリラックス効果を得ることは出来ると思います。

また、エステに行く場合は、かかりつけの医師に相談してから行くことをお勧めします。妊娠が順調に進んでいて、体調も安定している時を判断してもらうためにも、医師に尋ねてからのほうが良いのではないかと思います。また、エステサロンに行く場合は必ず母子手帳を持っていく事をお勧めします。施術中に何か起こってしまった時に、搬送先がかかりつけ以外の病院であった場合、カルテがありません。その時に適切に対応してもらうためにも母子手帳は重要なものになります。

一番大切なのは胎児ですが、結婚式は女性としても楽しみたいものだと思います。我慢するのではなく、周りに相談しながら無理をしない範囲でブライダルエステを受けるのも良い事なのではないかと思います。

ブライダルエステランキング


このページの先頭へ